スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーカヤック

海の上ではいつも恐怖です。

泳ぎにあまり自信がないというのも理由のひとつですが、
陸で生きてる自分が、海の上にいるのはとっても不自然に思えて、怖いのです。
自分の力じゃどうにもならないことをやってるように感じます。

・・・そんなことを思いながら、たまにシーカヤックをやっています。

山と違って、シーカヤックは1日じゅう漕いでも、標高は1メートルさえ変わりません。
自分がどれだけシゴトをしたかは、その日の終わりに地図を眺めてじんわりと実感がわくような(わかないような)。

知床半島のシーカヤックとヒグマ

そんな気長な旅ができる知床のシーカヤックですが、安眠はできません。
いえ、爆睡してるんですけど、やっぱり外の音には敏感です。



そして、日焼けの跡が、眉間で分断されてました。
知床のシーカヤック周回と日焼け
日差しがまぶしかったためか、眉間にしわを寄せて漕いでいたんですね、
しかめ面すると、ちょうど、焼けてないところと、眉間のしわの溝がピッタリ。

日焼けは目つきの悪い人間にも、正直でした。


コメント

No title

知床半島周回のシーカヤックとは羨ましい大冒険!
半島の先端は写真で何度も見ますが、ヤハリ凄い処と何時見ても思います。
海の上も怖いですが、陸の上でも知床はヒグマも居るし大自然の残る数少ない処だと思います。

クロウサギさん

海にいても陸にいても、緊張感があるのが知床の魅力(のひとつ)だと思ってます。

たまに、緊張しない海とか、山とか、そういうところがあったら行きたくもなりますが、たぶんそれだと物足りなく感じてしまうんだろうなと思ってます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。