スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすらう魚

近所の川で、毎年サケ稚魚の放流が行われている。
もともとこの川生まれのサケではないが、しばらくここで飼い慣らして放流している。

毎日かかさず定時にエサやりも行われており、なかなかの待遇だ。

さて、今年は稚魚を連れてきてわずか数日後、
飼う用に川に作られた「いけす」が大雨で決壊した。

稚魚はというと・・・当然そのままさすらう魚となり、
果たしてうまく育ち、帰ってくるのか?
そもそも20メートル下流の河口で待ち受けるゴメたちの餌食になってないか?

まったく不明である。


知床のサケ稚魚放流

コメント

No title

えっ、大雨が降ったんですか~?!
山で天気が崩れたら…お魚の様にさすらう訳にはいかないので、
天気予報を見比べて慎重に行かねば(^_^;)

No title

昨年も養殖所にはゴメが一杯来て次々と幼魚が食べられていたようですが、今年はバラバラに成った様ですね。
4年後にチャンと帰ってくれば良いですが、少し心配ですね!

mocoさん

横断道路、開きましたよ~
しかし今日は峠も雨。車も少なかったそうです…

明日あたりからにぎやかになりそうです。

クロウサギさん

いちおう鳥の食害(?)防止対策に、水糸が張られていますが、
効果のほどは…なんとも。

まあ、そりゃ、美味しいでしょうねえ。

ああ、知床峠・・・の巻

29日…札幌から気合い入れて、7時間走って駆けつけたらまさかの路面凍結のため通行止(T_T)

計画では南西ルンゼから硫黄山(山中2泊)だったのですが、地元の方に聞いたらこの時期に峠に車を置きっ放しで山に入ったらナンバー調べられて自宅に遭難扱いな連絡がいっちゃうそうですね(・_・;)
じゃ~歩いて行こう・・・とも思ったのですが、それも許しちゃくれないと((+_+))

せっかくの連休に知床を目指してきた地方からやってきた沢山の山屋さん達はそんな事とは知らなかったので、諦めて海別の大沢に行ってしまいました。

私達も2日間しかなかったので悩みに悩み・・・29日は道の駅でお茶をして、五湖の木道を歩き、硫黄山までの稜線を眺めため息。
夕陽にうっとりしてたら雨に降られてベッチャベチャ。
そんな~~(T_T)

知床を諦めきれなかった私達は、本日木下小屋から夏道で羅臼岳へ・・・。

下山後、南西ルンゼが気になって観に行ったのですが、どの辺がどう凍結してたのか想像の痕跡すらないほどのドライな路面っぷりでため息再び・・・(T_T)

山は逃げないのは重々承知なのですが・・・
知床の自然とルールの厳しさを再認識の2日間でした。
色々とお勉強になりました~。





mocoさん

札幌からお越しだったのですね!お疲れ様でした。

そうなんです、横断道路はいったん開通した後も、
当日になって閉鎖ということがあるんです。
すみません、当日のそういう情報をさくっと提供できればよかったのですが
(でも7時間前じゃ間に合わないか・・・)。

そして時間規制のあるうちは車両はすべて、
夕方のパトロールで追い出されてしまいます。

地元では、横断道路の早期開通や時間延長などが要望されていますが、
なかなか厳しいようです。

No title

そ~なんですよ。
昨年まで北見に住んでたんですが、現在は札幌に住んでます。
それでも、北見山岳会続けてるんですよ~。

横断道路、出来ればスタッドレスタイヤはokとか、制限速度を40キロにするとか、通行止めの情報を登録者携帯に配信してくれるとか・・・みなさんにとっての良い方向に進化していくといいな~。
安全のためにはワガママばかりも言ってられないので、情報収集頑張ります!!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。